Google AdSenseに審査合格したので、個人的に思った要点やコツなど①

ひとりごと

今まで何回のアドセンス審査を送ったのだろうか・・・。

そして、何回落ちたのだろうか・・・。

恐らく十数回は落ちてると思う。そんな中、突然やってきた合格通知。

コロナの影響で審査に遅れがでているみたいな事がネットのどっかで書いてあったが、そんなことはないのかも。

フォーム設置したり、プラグイン設定とかの事はあまり得意とかではないので、

そういう事より、意識するポイントなどを書いていけたらな と。

これからアドセンス審査を受ける人、受けてる途中の人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

Google AdSenseに合格する為のブログとは

そもそも合格するブログとはどういうブログなのだろうか?

これは明確に答えがでているはず。

そう、

誰かに必要とされる情報が書いてあるブログ

である。

別の言い方をすれば

個人の日記的な、ちょーどうでも良いブログは絶対に審査が通らない

 

「今日、○○がありました。楽しかったです」

というブログより

「実は○○はこうすると、こういう使い方もできるんですよ」

という具合に、読んだ人の利益というか満足感を満たせる情報が必要なのです。

だから、まずここを分かってないといくら審査を送っても意味がない。

これを必ず意識しましょう。

審査に通り難いジャンルとは

ブログを書くとなると、通らなければならないのがジャンルである。

このジャンルは自分の得意な事や知っている事で良いと思います。

よくオールジャンルで好きな事を書きたいと思う人がいるかもしれないですけど、

それはアドセンスに受かった後にしましょう。

好きな事を好き放題に書いていると、自分の日記的な書き方になってしまいやすいです。 そして

何が原因で審査に落ちているのか分からなくなる可能性があります。

(ジャンルが複数だと全部を精査しないといけませんが、ジャンルが一つならその作業が省けます)

あとは明らかに審査が通りにくい、通らないジャンル

アダルト、ギャンブル、暴力などを除外すれば良いわけです。

ゲーム関係も通りにくいなどの情報がありましたが、

私のブログはゲームと雑記のハイブリットなので、審査に通らない訳ではなさそうです。

まぁ一番楽な方法を選ぶなら、需要のあるジャンルの方が早く審査に受かると思います。

記事の数はどれだけ必要なのか

ネットに書かれている情報だと 2.3記事から100記事まで幅広くありますが

正直どのくらい書けばいいのかの基準はないと思います。

ただ最低ラインは存在していると思うので

5記事~10記事くらい書くのが妥当かと

そもそもこれくらい記事がないと、審査の対象にならないでしょう。

記事がないのに、アドセンスは何を審査するのか・・・でしょうしね。

ブログへのアクセス数は関係あるのか

これも記事数と同様に、全く基準がわからないことです。

最低ラインで考えると、0よりは1が必要であるということ。

100は必要ないだろうが、それなりアクセスがあった方が受かりやすい。

という事だと思う。

私が審査を通った時は一桁でしたけど、普通に合格しました。

そのぶん時間がかかりましたけどね・・・。

記事のコピペ疑惑で引っかからないようにする

世の中、色んな人が色んな事を書いています。

そしてブログが世に出回って、結構経ちます。

そんな中で、自分が書いてる記事が他の既に掲載されているブログと内容が似る事は、良くある事なのです。

しかしアドセンスにはそんな事関係ない。

それはコピペと判断されて、

100%審査に通らないでしょう。

ここは理不尽ですが、我慢するしかないです。

パクッてようが、パクッてなかろうが アドセンス審査には関係ありません。

被る。それはパクッている事になってしまうのです。

その為、記事を書きながらコピペチェックをするのが一番良いと思います。

最近のチェックツールは優秀ですしね。

スポンサーリンク

まとめ

これらをまとめるに

・読者が読みそうな、読んで満足するようなブログ

・禁止のジャンルを選ばない

・最低ラインの記事数やアクセスを超えたら、その都度 アドセンス審査にかけたほうが良い

・コピペの判定になってないかチェックする

 

辺りを気をつけると良いのではないかと思います。

気になった事があったら、また次回に。

 

 

コメント