メルカリでトラブルになった時、なりそうな時の対処の仕方①

ひとりごと

現在、在宅する事が多くなり、その中で不要なものが目立ってくる頃だと思います。

そんな中、最近ではよくネットフリマを利用したりする人も増えてきたのではないでしょうか?

私、自身も昔はヤフーオークションが主流でよく購入者として利用していました。

(ヤフオクがフリマという括りかどうかは別にして)

それが今では、メルカリ、ラクマ、ペイペイフリマなど、多種多様なものが増えてきた訳で。

最近ではオーダーメイドのものを販売するものもあるらしいです。

そういうものも捜してみると、面白いかもしれないかと。

話しがそれましたが今回はメルカリの事について、分けて書いていこうと思います。

とにかくフリマで多いのがトラブル関係。これがとにかく億劫と思っている方もいるのではないかと。

私、自身の経験も含めてご覧くださいませ。

スポンサーリンク

メルカリは現代の世紀末を表した様な場所

使ってみての感想がとにかくこれです。

色んな世代が利用している事により、物が流通し活気がある一方で、

法整備が全く整ってなくて、自由勝手に場を荒らしている無法地帯。そんなイメージがあります。

とにかく、外れの出品者や購入者を引くとトラブルになりやすいです。

文字だけのやりとりなので、意思確認の仕方も難しい。取引終了まで、無言なんて人もいたり。

ネットショップだと、トラブルはあっても、一応ちゃんと対応してくれますがフリマアプリだとそうもいかない。

メルカリだと、保証は確定されていないものだと思いましょう。それって、ギャンブルじゃ・・・

独自のマイルールでマウントを取ってくる出品者

メルカリで物を探しているとたまにこういう文面を見つけると思います。

・即購入禁止

コメント必須

・他のサイトにも出品しているので、在庫がない場合があります。

・専用出品は他の人は購入禁止

・配送中の事故で荷物が破損、変形しても、それはこちらで一切責任を持たないのでご理解ください。

・梱包は簡易なもので行いますが、それにより商品が駄目になっても私は責任をとりません。

主な例をざっと挙げてみました。

フリマ初心者の方は、こういう事を記載していない普通のプロフィールを書いてあるから買うだけで

トラブルになる可能性がグッと低くなります。

自己紹介の欄を見て、長文でルールを書いている人は避けましょう。

良い評価が多いから良質な出品者。そんな事は断じてありません。

即購入禁止、コメント必須、在庫がない

メルカリでは、そんなルールはありません。

では何故、即購入が禁止なのか?

大半の人は、他のフリマやヤフオクに同時に出品をしていて、併用している場合です。

とにかく沢山のフリマに出品をし、人の目に多く晒す。そういう目的だと思います。

その為に即購入をされると困るのです。他のアプリで売れてしまったら在庫がない訳ですから。

だからコメントで確認して下さい、とそういう意図で書いてあるのでしょうが・・・

それは出品者の勝手なルールなのです。

 

そして、在庫がないかあるか確認してくれと書いてある場合。

これも上記に関係していますが、

売れた商品の在庫がない、もしくは確保できなくて、

その取引をキャンセルをした結果によるアカウントペナルティを受けるのを避ける為かと。

 

購入したら、在庫がないと勝手にキャンセルをしてくる出品者もいます。

その場合、何故か購入者都合のキャンセルをしてくる場合もありますが、

あなたは悪くありません。

遠慮なく事務局に連絡しましょう。

では、そのルール前提での欲しい商品がある場合はどうするか

私の場合、どうしても欲しい商品があった時は

ルールに従い、コメントをす・・・

る訳がない!!

普通に買いますが、購入した後に一言送信します。

「どうしても欲しい商品だったので、コメントをする前に購入しました。ごめんなさい」

とりあえず、これを送っておけば大丈夫です。支払いは勿論即時ですがね。

謝る低姿勢だけを見せておくだけで、相手もそこまで怒りません。

金を払ってるんだから、文句を言われる筋合いはありません。

心にそう思いましょう。強気な気持ちは大事です。

在庫がない、ルールを破ったから取引をキャンセルすると言われるパターン

前者は経験がありますが、後者に至っては避けているので遭遇したことがありません。

前者の場合だと

「現在、在庫がないのでキャンセルをお願いします」

と出品者から言われます。その後、キャンセルの申請が送られてくるのですが・・・

購入者の都合でキャンセルします

と送られてくるのです。

は?こっちの都合じゃないじゃん?出品者の都合じゃん?

と、思ったそこのあなた。

間違っていませんよ。あなたは悪くないです。なので・・・

問い合わせから、事務局経由で、これまでのいきさつを連絡しましょう。

※購入したら在庫がないと言われ、突然キャンセルを送られた。それも購入者都合でのキャンセルだった、など

これで、その出品者はペナルティを受けるはずです。(私は受けた事がないので真意は定か・・・)

ネットの情報で見てみると、基本的には悪質の強さによってペナルティの付与が違うんだそうです。

アカウント停止1週間、2週間、1ヶ月とか。

事務局の対応の返答が返ってきてから、キャンセルの手続きに入りましょう。

相手もブロックして表示させないようにしておけば尚良いのではないでしょう。

 

私の時は事務局の回答を待たず、購入者のキャンセルを受け入れてしまいますが、

もしかしたら表示させたままじゃないといけないかもしれないので、そのまま放置して事務局の返答を待ってから指示を仰いだ方がいいかもしれません。

後者のルールを破ったから、貴方とは取引しません、と 一方的にキャンセルされた場合。

これも事務局通報で良いと思います。

 

正直、こんな事をいちいち問い合わせするのは、面倒って思う気持ちも分かりますが

メルカリ事務局が今の所、放置の姿勢なので・・・。

何ゆえ利用者がそんな事をせなあかんのか、と思う今日この頃。

スポンサーリンク

まとめ

・ルールはメルカリが定めているものを遵守しましょう。

・トラブルにならなそうな出品者のプロフィールを見ましょう。(評価とかもみてみると尚良し)

・訳のわからないキャンセルは事務局に連絡し、忘れましょう。フリマはそういうものです。

 

まぁ、後はたまに無言を貫く出品者も購入者もいて戸惑う事もありますが、

相手を安心させる意味でも一言は入れてあげましょう。

自己紹介に無言で取引すると記載されている人もいるけど、

顔がみえないからこそマナーというものもありますから。

 

ただ、このマナーを押し付けと思う人もいるんだよねぇ・・・

これがネットの怖い所。

メルカリでトラブルになった時、なりそうな時の対処の仕方②

コメント